1. トップ
  2. SEO対策

映画の公式サイトの中古ドメインがエロ動画アフィにおすすめの理由

アダルトアフィリエイトで早く報酬を得たいなら中古ドメインを使うのがセオリーです。

最初から被リンクがついていますし過去に運営されていたサイトの評価を引き継げます。

その中古ドメインがどのようなサイトとして使われていたかということもSEOに影響してきます。

もしあなたがエロ動画を紹介するサイトを作ってアフィリエイトをしたいなら日本の映画の公式サイトで使用されていた中古ドメインを使うといいかもしれません。

映画の公式サイトのドメインは月に5,6本は放出される

新作の映画が公開されるとき大抵は公式のウェブサイトが作られます。しかしこれらのサイトは公開後2~3年で閉鎖されドメインも捨てられるため中古市場に出てきます。

「cinema」「movie」「film」などの単語が入っていることも多いですから見つけやすいです。これらの単語がなくてもアーカイブなどで確認すれば分かります。

映画の公式サイトで使われた中古ドメインは月に5,6本ほどは更新切れを迎えて中古ドメイン市場に流出します。私が見つけた数がそれだけですから実際にはこの数倍あるかもしれません。

映画の公式サイトで使われていたドメインのメリット

映画の公式サイトに使われていた中古ドメインをエロ動画のアフィリエイトに使うと次のようなメリットがあります。

テキストリンクの関連性が強い

映画サイトで使われた中古ドメインにはその感想を書いたブログなどから被リンクを受けていることが多いです。

それらのブログには「映像がきれい」「ストーリーが面白い」など書かれていることが多いです。これはエロ動画の感想に出てきてもおかしくはない内容ですから関連のあるサイトからのリンクと評価されやすいです。

またそのようなフレーズでテキストリンクが張られていることもありますからエロ動画に置き換えてもおかしくはないため検索エンジンからの評価が高まりやすいです。

リンク元のドメインオアワーが強い

同じ被リンクであってもドメインパワーの強いサイトから張られていればそれだけ検索エンジンからの評価は高まります。

映画サイトはWikipediaや配給会社、有名な映画のクチコミサイトといった権威性の高いサイトからの被リンクが張られていることも多いため検索順位が上がりやすいといえます。

これらのサイトからの被リンクはサイト内容が変わると早めに外されてしまうこともありますがサイト公開直後のスタートダッシュには利用しやすいといえます。

ペナルティを受けている可能性が低い

業者から中古ドメインを購入する際にはそれほど心配ありませんが自分で探す場合にはペナルティのリスクを避けなければなりません。

その点においても映画サイトは安心です。ブラックなSEO対策を行うということは考えられませんからペナルティを受けている可能性が低いのです。

映画のタイトルに含まれる単語をパクる

テキストリンクに含まれる単語とサイト内容が一致している方が被リンクの効果は高いです。

エロ動画の紹介サイトに「おすすめラーメン店」というテキストリンクで張られても効果が高いとはいえません。

映画サイトで使われていた中古ドメインに最初からついている被リンクを有効活用するためにはその映画のタイトルを自分のサイトにも使いましょう。

例えば『ローマの休日』であれば「休日に見たいエロ動画」のようにサイトタイトルをつけましょう。映画サイトにつけられるテキストリンクで最も多いのはタイトル名ですからそれと同じ単語を使うことで意味のある被リンクと認識される確率が高まります。

うまくサイト名と結びつけられない場合は「公式」という単語を使いましょう。「公式サイトはこちら」というテキストリンクも多いからです。「人妻エロ動画の公式サイト」とでもしておけば良いです。もしくは「理系的エロ動画の公式」でも良いでしょう。

映画サイトの中古ドメインを利用する際の注意点

中古ドメインで早くインデックスさせるという記事でも説明しましたがURLがそのまま映画タイトルになっている中古ドメインを使用するときは注意してください。

たとえば「forrestgump.com(フォレスト・ガンプ)」のようなドメインです。

なぜなら商標権はURLにも及ぶという考え方があるので訴えられたらそのドメインを手放さなければならなくなるからです。