1. トップ
  2. 管理人の実験

ピンサロ体験談は集客しやすい

風俗体験談は企業が運営している口コミ型のサイトも多いため個人で参入するのは厳しいと思うかもしれません。

しかしピンサロ体験談などは上位表示されなくても読んでもらえる確率は高いです。また特化したブログであれば文字数の少ない記事であっても上位表示されやすいです。

ピンサロ体験談は検索順位が低くても集客できる

あなたがピンサロに行こうと思ってそこが初めての店だった場合、事前にネットで評判を調べますね。ボッタクリ店ではないか?かわいい子がいるか?サービスは良いか?などの情報をなるべく集めたいと思うはずです。

ピンサロに行こうと思っている男はみんなそうなのです。そのため個人ブログやちょっとした書き込みなどもくまなく探す人が多いです。検索結果の1ページ目だけではなく5、6ページ目くらいまで見る人もいます。

つまりSEOがうまくいかずに自分のサイトの検索順位が低かったとしてもピンサロの体験談は見てもらえる率が高いのです。

「地名+店名」

ピンサロ体験談を書くときはタイトルに地名(駅名)と店名を入れましょう。ただでさえ固有名詞は検索に引っ掛かりやすいものですがそこに地名を入れるとより確実になります。そしてそれを検索した人がクリックしてくれる確率も高まります。

さらにいうと地名と店名で検索する人はそれなりにいますが、それで記事を書いている人はあまりいません。試しに近所のピンサロで検索してみてください。多くても5記事くらいしか出てこないはずです。

さきほどピンサロ体験談は検索順位が低くても読んでもらえると書きましたが、検索順位も上がりやすいのです。文字数も500文字くらいで上位にいくこともあります。

ピンサロ体験談を専門にしたブログであれば「地名+ピンサロ」でも上位表示を目指すこともできます。

収益化への導線

ピンサロ体験談でアクセスを集めたただけではその店の宣伝で終わったしまいます。いかに自分のサイトの収益を上げるかを考えなければなりません。

そこでおすすめしたいのが出会い系サイトのアフィリエイトです。ピンサロに行こうと思っていた人に「出会い系もアリかな」と思わせるのです。

方法としては体験談の最後に「出会い系で即効アポってフェラしてもらった話」といった他記事への内部リンクを張ることです。

そしてその記事の中でアポからフェラしてもらうまでの流れを書き出会い系のアフィリエイトリンクを張るのです。

通常の出会い系体験談ほど申込率は高くありませんがライバルが少ないため早めに収益化したいという人にはおすすめです。