1. トップ
  2. 注意

jpドメインでアダルトサイトを運営すると個人情報がバレる

アダルトサイトの運営はjpドメインで行わないほうが良いです。なぜなら個人情報がバレる可能性があるからです。

WHOISとは

ドメインの所有者は誰か?という情報をWHOIS(フーイズ)情報といいます。

私達がドメインを取得すると.comでも.jpでもWHOIS情報として名前等が登録されます。そしてその情報は公開されます。このデータベースにドメインを打ち込めば所有者が表示されるのです。

しかしほとんどのドメインで個人名が出てくることはありません。なぜならドメインを取得する際に公開代行を選択しているからです。つまりドメインの取得サービスを提供している会社の名前を代わりに公開することにしているのです。

なので自分の所有しているドメインであってもWHOIS情報は「お名前.com」や「ムームードメイン」の名前が出てくるのです。

jpドメインは公開代行されない

ドメイン取得の際にあえて自分から「情報公開代行する」のチェックを外さない限りはほとんどの会社で公開代行になります。

しかしjpドメインだけはほとんどの会社で公開代行されない仕様になっているためWHOISを検索すると自分の名前が出てしまうのです。

つまりアダルトサイトをjpドメインで運営していると個人情報がバレるということです。

.comや.netがおすすめ

実際にjpドメインで運営されているアダルトサイトのWHOISを調べると個人名と住所が出てしまっている人もときどきいます。

申請をすることでWHOISを非公開とすることも可能ですが余計な手間を省くためにもアダルトサイトに限らず運営していることがバレたくないサイトはjpドメインを使わないほうが良いと思います。

jpがSEOに有利ということもありませんからメジャーな.comや.netで取得することをおすすめします。